【東京都内】成人式に振袖・着物レンタルをおすすめしたい口コミでも人気のショップ5選!【着付けやコーディネートも評判のお店】

夏に振袖を着るときの暑さ対策

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/10/14

成人式は無事に成人したことを家族で喜び分かち合う、晴れの日といえます。成人式には日本の伝統美の着物を身に着けることが文化となっていますが、成人式前の夏ごろに写真の前撮りをする人も多くいます。近年は酷暑ともいわれるほど夏の気温が上昇しているため、夏に振袖を着る際には暑さ対策が必須です。

夏ごろに振袖を身に着ける問題点

振袖に代表される着物は洋服と違って、下着、長襦袢、帯、帯紐、着物と幾重にも重ねて身に着ける特徴があります。普段洋服を日常着にしている人にとって、何層にもなる着物を身に着けるのは、苦しさと暑さに驚かれることも少なくありません。それが成人式の前撮りで夏場に身に着けるとなると、暑さの体感は尋常ではありません。

振袖の暑さ対策でまず大事なこと

振袖を身に着けるときに、まず気を付けるべきは着付けにあるといえます。振袖は洋服と違って、首や脇、裾などの開口部が狭い構造です。衿を少し大きくぬいて、首元の開口部をできるだけ広くして振袖を身に着けるだけでも暑さ対策になります。うなじのあたりが広めにあいているだけでも、暑さの体感がやわらぎます。

また長襦袢の下に、吸湿吸水性に優れた下着を一枚身に着けて着付けすると、少し暑さが緩和します。胸元からウエストにかけては、帯や帯紐などで締めつけて着付けするので息苦しく、とくに汗がたまって暑さを感じやすくなります。そのため下着を身に着けるときに胸元からウエストにかけて、タオルなどを一枚巻いて、着付けし帯を巻いていくのもよいでしょう。

タオルがたまった汗を吸い取ってくれて、少し暑さ対策になります。またタオルを胸元からウエストにかけて巻いておくことで、うまくクッション代わりになって、紐で締め付けたときにも、苦しさを感じにくくなるという効果もあります。

必殺技として、発熱時に額に張りつける保冷剤を胸元などに布で巻き付けたり、背中の肩甲骨の間に張り付けるという方法もあります。どうしても息苦しく暑さに耐えがたいときには、ほんの少し緩めに帯を巻いて着付けするなどの工夫も大事といえるでしょう。

暑さ対策には小物アイテムで対策する

暑さ対策は着付けを工夫するだけではなく、小物アイテムをうまく活用するとよいでしょう。デパートや呉服店では着物に似合う和装小物もたくさん販売されています。和柄の扇子を持ってあおいだりするのも風流であり、美しい振り袖姿を演出できます。日傘やパラソルを活用するのも暑さ対策にはよいといえます。

和傘を日傘代わりにするのもよいですが、無地で刺しゅう素材の振袖にマッチした洋傘を活用するのも現代では違和感がありません。現代では和洋折衷といって、着物姿であえて洋物の日傘やバッグを持つ、モダンなスタイルもトレンドになっています。振袖だから洋傘や扇子を持ってはいけないというルールはなく、色調が統一されていれば現代ではまったく問題はないのです。

またペットボトルのお茶や水などを持ち歩いてこまめに水分補給することも大事です。しかしペットボトルのデザインと着物がミスマッチして美しさを半減することがあります。そのためペットボトルに和柄の手ぬぐいを巻き付け、ペットボトルのデザインが隠れるように工夫した方がよいでしょう。

 

振袖は洋服とは違う構造であり、開口部が狭いので、夏場に身に着けると暑くて苦しくなってしまいます。しかし着付け、下着、小物アイテムをうまく活用すれば、少しでも快適に振袖を身に着けることができるようになるのです。着付け前に、呉服店やレンタル店で呉服のプロに相談してみるのも懸命な一つの方法といえます。振袖を身に着けて熱中症になってしまってはいけないので、暑さ対策を万全にして、美しい振袖を楽しみたいものですね。

振袖レンタルショップRANKING!

イメージ1
2
3
4
5
会社名キモノハーツジョイフル恵利京都きもの友禅レンタル振袖・袴
アイドル
晴れ着の丸昌
特徴「コーデレーベル」
振袖のテーマごとにトータルコーディネートセットを提案
「ヘアブーケ」
ヘアアレンジのコーディネート
老舗呉服店「まるやま」のグループ会社
成人式当日の着付け会場が多い
国内の熟練の職人が仕立てた、品質の良い振袖を扱っている
振袖自宅配送サービス
プランの種類が豊富おしゃれで素敵な振袖が揃っている
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
振袖レンタルランキング!
キモノハーツの画像
晴れ着の丸昌の画像
振袖関連コラム