【東京都内】成人式に振袖・着物レンタルをおすすめしたい口コミでも人気のショップ5選!【着付けやコーディネートも評判のお店】

ネットで振袖のレンタルをするのは危険?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/10/02

東京には振袖を購入するだけでなく、レンタルサービスまでが付帯された実店舗があります。もちろんレンタルだからこそ足を運ぶことなくして利用したい声もあるでしょう。

1回だけであっても、お金をかけるからこそ危険度の低い振袖レンタルサービスを選びましょう。

管理がしっかりおこなわれているところ

まずは、振袖は購入とレンタルどっちがいいのでしょうか。レンタルのほうが安いからお得ですが、数回着用するのならば買ったほうがお得なケースも見られます。振袖レンタルの最大の魅力は安さですが、保管の手間がかからないのもメリットです。

着付けも含めて対応してもらえる実店舗も東京には数多く点在しています。東京にある実店舗、安いものなら5万円程度からで、高くとも30万円程度でレンタル可能です。安いというメリットがある一方で、実店舗と違いネットから利用する際に注意しなければならない点もあるようです。

せっかくならば、失敗せずに満足できる振袖を選びたいものです。その注意点というのが、保管方法がずさんでシミやほつれなどが目立つこともあるという点です。どうしても、実際にレンタルする振袖をその場で目視ができません。だからこそ、信頼できるネットレンタルの目利きが必要になります。

クリーニングをせずに返却できるネットレンタル、クリーニング費用がかからないメリットがありますが、見た目がきれいな状態であれば使い回すという悪質なサービスをおこなうケースもなきにしもあらずです。可能ならば、手に取れる実店舗がおすすめです。

あやふやにしないために口コミがある

ネットレンタルは実店舗が不要だったり、接客スタッフが不要だったり、実店舗があってもネットサービスでカバーできるために、お客さんへの還元率の高さがあります。破格値で振袖レンタルができることもあります。

この場合に見落としてはならないのは、送料や代引き手数料などが含まれているのかという点です。ネットレンタルの中にはクーポンが使えたり、利用料金に応じたポイントがついたりします。

しかし、クーポンやポイントが使えたり加算されるために、振袖一式をレンタルすることが条件となっていることもあるかもしれません。特典にウラがないのかも確認しましょう。

また実店舗では、電話やメールで問い合わせ対応してくれますが、ネットレンタルでは実店舗がないケースもあり、問い合わせ先さえあやふや、というケースも少なからずあるようです。そこで目利きも含めて活用したいのは口コミサイトです。生の声がそのまま反映されていて、検索機能を使えば、容易に情報収集できます。危険度も明確化できるはずです。

別料金が発生するケースも考えよう

ネットの危険性があるとすれば、実店舗がないことによるトラブルに即対応できないことかもしれません。というのは、バリエーション豊富な振袖を選ぶにしても、写真や文字を参考にします。

写真と実物との違い、違和感もあるかもしれません。タイミングによっては自分の好みに合ったものが選べないことや、何度閲覧してもレンタル中というパターンもあり、選択肢が狭くなってしまっては元も子もないでしょう。

また、肌襦袢や帯紐、足袋が別料金に設定されているケースも考えられます。中には高いキャンセル料を課すところも少なくないのです。しかし、東京の実店舗では取りそろえている振袖の種類も多く、料金形態やサービスも安心できる内容です。

 

東京の着物専門店でも、購入だけでなく、振袖レンタルのサービスが提供されています。また、実店舗に足を運ぶことなくレンタルしたい場合にはネットレンタルができます。

しかし、実店舗との違い、見落としがちとなる問題、こうした点も念頭に入れてサービスを受けることも大切です。おすすめは口コミサイト、実店舗を含めてサービスや料金、対応力などまで総合的に評価しています。こうした事前の下調べをしていれば、安心してネットレンタルもできるようです。

サイト内検索
振袖レンタルランキング!
キモノハーツの画像
晴れ着の丸昌の画像
振袖関連コラム