【東京都内】成人式に振袖・着物レンタルをおすすめしたい口コミでも人気のショップ5選!【着付けやコーディネートも評判のお店】

手付金が必要な振袖レンタル業者もある?いくらかかる?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/10

近年では振袖はレンタルを選ぶ人が増えました。振袖レンタルショップも数多く存在しており、東京となると選択肢もかなり多いです。その際、やはり気になるのは料金でしょう。

ここでは、レンタル料金だけではなく手付金が必要になるかや、必要な場合にはいくらかかるのかなどを紹介していきます。

振袖レンタルの手付金の相場について

レンタル料金の一部を手付金として先に支払うというスタイルが大半ですが、まとまった金額が必要になるのかで不安を感じている人は少なくありません。一般的にはレンタルする振袖の5パーセントから10パーセントとなっているケースが多いですが、中には1万円程度で問題はなかったり手持ちで支払える金額で良いレンタルショップもあります。

実際に借りる前後にお金を支払うとなれば、選んで予約や契約をしてもその時点では支払う必要がないので、早い段階で探し始めておこうと考えるのは当然のことではないでしょうか。早めに探し始めることにより、気に入った振袖が見つかりやすいという点は大きなメリットと言えます。

しかし高額な振袖を選んでいて手付金が振袖の何割か必要となると、契約したくてもお金を準備できず契約できないということにもなりかねません。レンタル料金だけではなく、先に支払う分はあるのかに注目しておくようにしましょう。

レンタルする際の支払い方法について

振袖レンタルは購入よりもリーズナブルな料金という点は大きなメリットとなっていますが、レンタルする際には信頼できる業者かしっかり確認しておかなくてはなりません。レンタルする際にまとめて料金を支払うのか、手付金として先に少額を支払ってから後々残りを支払うのか確かめましょう。

現金払いのみ対応しているレンタルショップもあれば、カード払いに対応している場合もあります。一括か分割でローンとして支払えるのかもショップによる違いかが大きなポイントです。

注意しておくべきポイントについて

手付金が必要になるかや、必要な場合にはいくらかかるのかという点はレンタルショップや振袖による違いがあるので、あらかじめしっかり確認しておくことが大切になってきます。

キャンセルする場合にはキャンセル料が発生することもあれば、キャンセル料が発生しないかわりに支払った手付金は戻ってこないショップもあるので理解しておきましょう。

予約し契約した時点で全額を支払う必要があるのか、手付金だけ支払い後は着物を受け取った後に支払えば良いのかなどショップごとに契約内容や、支払うタイミングには大きな差があるので確認は忘れないようにしておきましょう。先に全てを支払うのは不安という人も多く、後々残りの金額を支払うスタイルのレンタルショップはかなり多くなっています。

勿論レンタルショップごとに料金や扱っている振袖のデザイン、プランに違いがあるように信頼できるレンタルショップかにも差が生まれるので、よく比較して信頼できる先を選ぶことを心がけておくべきです。

 

振袖をレンタルする際には手付金が必要となってくるレンタルショップが多く、東京に数あるショップの中でも大半で必要になると考えておくべきです。勿論ショップにより扱っている振袖の種類やレンタル料金、プラン内容に違いがあるように手付として支払う金額にも差はあるのであらかじめ確かめておきましょう。

早い段階で探し始めることにより、金銭面の負担を軽減させることができるケースは、近年かなり増えていることは確かです。

サイト内検索
振袖レンタルランキング!
キモノハーツの画像
晴れ着の丸昌の画像
振袖関連コラム