【東京都内】成人式に振袖・着物レンタルをおすすめしたい口コミでも人気のショップ5選!【着付けやコーディネートも評判のお店】

失敗しない!東京のレンタル業者の選び方

東京には振袖レンタル業者が多数あります。

せっかくの成人式だから失敗せずに満足の行く商品を選びたい、そんなことを考えている方は多いでしょう。

そこで、あとから後悔しないために振袖レンタル業者の選び方と上手なレンタルの利用の仕方をお伝えします。

成人式は人生で一度だけなのでポイントを知ってコツを押さえることが大切です。

 

振袖レンタルのタイムリミットはいつ?

振袖レンタル業者を選ぶ上で知っておきたいのがレンタルのタイムリミットについてです。

東京のレンタル業者は取り扱う数も多く、顧客も多いことからギリギリに申し込んでも好みの着物が残っているとは限りません。

好みのレンタル振袖を選びたいのであれば、できれば半年前までには予約を済ませておくことが良いと言われています。

もちろん、振袖レンタルというのは早いもの勝ちで予約が埋まってしまうことから、良いデザインや人気の高いデザイナーのものから予約が入っていきます。

成人式の数ヶ月前になると、ほとんど良いデザインの振袖が残っていないということも珍しいことではないので、出来るだけ早く下見をして早めに決断をし、契約を結んであとは成人式を待つだけの状態にしておくことが好ましいとされているのです。

よって、タイムリミットは夏ごろまでで、遅くても秋頃までには予約を終えて置くことが好ましいのではないかと考えられています。

 

着物の下見は親子で足を運ぶのが吉

着物のレンタルを決めたら、最終的に親子でレンタルショップに足を運ぶことが成功の鍵を握ります。

親御さんだけが来店して勝手に自分の好きなものを選び、娘さんには事後報告というケースは今では少なく、そんなことをしてしまったら親子喧嘩の元になり振袖選びの失敗につながってしまうでしょう。

そこで、時間的に余裕のあるときに親御さんがレンタルショップに足を運び、取り扱っている商品やお店の雰囲気、そして料金システムに付いて事前に下調べをしておけば、失敗することなく上手に振袖を選ぶことができます。

東京のレンタルショップでは取り扱っている振袖の種類が多く、料金形態やサービス内容も多種多様です。

お金を払うのは親御さんなので、まずは気軽に足を運んで下調べをすることが上手な振袖の選び方のコツでもあるのです。

娘さんと一緒にお店に足を運ぶ際には、服装に気をつけることが重要です。

スカートよりもパンツスタイルのほうが好ましいとされています。

 

友達と被るのを避けるためのコツ

振袖レンタルの失敗談で一番多いのは、友達とデザインから帯まですべてかぶってしまった例です。

せっかく自分だけの振袖を見つけることができたと意気揚々と成人式の会場に向かったら、友達と同じ着物を着用していたと知り、気分が盛り下がったという経験がある人は意外と多いのではないでしょうか。

東京の振袖レンタル業者の場合、扱う振袖の数が多い反面、同じ業者から仕入れることが多々あるため、こういったデザインが被る例が多いのが実情です。

そこで、友達とデザインが被らないようにするためのコツは、よくあるようなデザインを選ばないようにすることです。

そうすると奇をてらったようなデザインしか選べないのではないかという声も聞こえてきそうですが、人とかぶらないようにするためには少し違ったデザインのものを選ぶようにすることが、デザインが被ることを避けることにつながるのです。

ちょっとした工夫をすることで上手く回避することができます。

 

さて、振袖レンタル業者選びで失敗しないためのポイントをいくつか紹介しましたが、参考になったでしょうか。

コツやポイントを押さえるだけでレンタルの振袖であっても上手に自分に似合う商品を選ぶことが出来るようになるのです。

サイト内検索
振袖レンタルランキング!