【東京都内】成人式に振袖・着物レンタルをおすすめしたい口コミでも人気のショップ5選!【着付けやコーディネートも評判のお店】

レンタルできる振袖には種類がある?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/04

振袖は着物の中でも特に華やかな存在ですが、成人式などの際は振袖レンタルで用意する人も多くなっています。東京でも多くのレンタル店が存在しますが、用意している着物の質や種類には差があります。

ここからは、実際にレンタルできる振袖にはどのような種類があるのかも書いていきます。

 

 

 

 

振袖を借りる前には素材を確認しよう

 

振袖はレンタルで用意すると購入よりもかなりコストを抑えることができますが、レンタルできる着物にも色々な種類があることは知っておきたいところです。

まず、振袖は正絹で作られているものというイメージがありますが、最近はポリエステル製の振袖が用意されることも増えてきました。正絹は天然繊維の中でも特に格式が高く、若い女性の正装である振袖にはぴったりの素材と言えますが生産量が限られていることもあり高額になりがちな傾向にあります。そこで注目されているのが化学繊維であるポリエステルで作られた振袖です。大量生産しやすいので安価で入手しやすくしかも型崩れが少なく耐久性にも優れており、手入れが楽というメリットがあります。見た目では正絹よりかなり劣るのではと考える人もあるかもしれませんが、現在では加工の技術も進み正絹の着物と遜色がないものも登場しています。

レンタルの際は、素材がどちらであるかはチェックしておきたいところです。

 

用途に合わせてぴったりの振袖を選ぼう

 

振袖とひとことに言っても色々な種類がありますので、レンタルの際は着用する場面や用途に合うものを選ぶことが大事です。

まず、卒業式で着用する際は袴と合わせることが多くなっていますが、この時には袖が短めの小振袖を着用することが一般的です。振袖の中でも特に袖が短く若々しく快活な雰囲気があります。さらに、振袖をレンタルする目的で特に多いものでは成人式での着用があげられます。この際に着用されるのが、一般的に振袖と呼ばれている中振袖で成人式のほかには結婚式に招待された際や結納の際に着用することが多くなっています。さらに、振袖の中でも最も格式が高く袖の長いものが大振袖で本振袖とも呼ばれています。かつては花嫁衣裳として着用されることが多かった着物ですが、最近では成人式に着用されることも増えています。

レンタル店でもすべての種類が置かれていることが多くなっていますが、シーンに合わせて選ぶことが大事ですので、レンタルを申し込む前には用途に合ったものであるかはもう一度確かめておきましょう。

 

既製品を借りる場合とオーダーでのレンタル

 

振袖をレンタルする方法としては、まずはすでに仕立てあがった着物を選ぶという方法があります。一般的な振袖レンタルでは既製品が選ばれることが多くなっていますが、すでに誰かが袖を通したものであることは理解しておきましょう。

中古ではなく、新品にこだわるのであればやはり購入となりますが、レンタルではオーダーに対応しているところもあります。オーダーの場合はまだ誰も袖を通していませんので、間違いなく新品を着用することができますし、自分の体に合わせて作ってくれるのでサイズもぴったりであることもメリットです。そしてオーダーであっても、あくまでレンタルなので自分のものにならないことは理解しておきましょう。購入よりは費用を抑えることができますので、本当に気に入った色柄の着物をぴったりのサイズで用意したいという人に向いています。

 

振袖は着物の中でも特に高額な部類ですが、レンタルを利用すればより安く用意できます。最近はポリエステル製も人気となっていますので、どちらの素材であるかを確認しましょう。さらに用途に合わせて着用する振袖は違いもありますので、袖の長さや格式もチェックしておきたいところです。一般的には既製品が用意されていることが多くなっていますが、オーダーでのレンタルに対応したお店もあります。新品で体にぴったりのものを選びたい時はオーダーも考えてみましょう。

サイト内検索
振袖レンタルランキング!
キモノハーツの画像
晴れ着の丸昌の画像
振袖関連コラム