【東京都内】成人式に振袖・着物レンタルをおすすめしたい口コミでも人気のショップ5選!【着付けやコーディネートも評判のお店】

振袖レンタルの相場ってどれくらいかかる?

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/07/23

着物は日本の伝統的な服装ですが、日常的に着る人のほうが少ないのが現状です。

まして振袖は持っていない人がほとんどです。

着物のコーディネートは洋服とも全く違うこと、手入れや保管の仕方も難しいので、レンタルがおすすめです。

振袖レンタルのショップの選び方

振袖レンタルのショップは東京にたくさんあります。選ぶときのポイントは、実店舗があること、経験豊富なスタッフがいること、セットの内容が明確であることです。

振袖レンタルショップの開業には、資格や許可がいらないので、誰でも開店できます。すると、ネットだけの実体のないショップもあるので、実店舗があるショップを選びます。

着物のコーディネートは洋服と全く違います。最近は、洋花などを取り入れた新しいデザインのものもあります。スタッフに、結婚式のお呼ばれであることと結婚式場の格がわかるように会場名を伝えて、振袖選びやコーディネートを提案してもらいます。スタッフの経験が不足していると、アンバランスなコーディネートだったり、花嫁よりも目立ってしまうことがあるからです。

振袖レンタルのセット内容に注意します

成人式の場合はキャンペーンなどもあります。結婚式のお呼ばれにも当てはまるか確認をしましょう。

東京の振袖レンタルショップの場合、2万円からが相場です。柄によって値段が変わることが多いです。振袖を着るためには、たくさんの小物が必要になります。着物、帯だけでなく、長襦袢、肌襦袢、足袋、腰ひも、帯揚げ、帯紐、帯枕、半襟、草履、バック、ヘアアクセサリー、タオルや綿を使うこともあります。

安いと思っていても、小物が全く含まれていないこともあります。きちんと確認しましょう。成人式の場合は、着付けとヘアメイクを提携している美容院でおこなえるようになっていることが多いですが、結婚式のお呼ばれの場合は、着付けとヘアメイクが別の場合もありますので、確認をしましょう。

結婚式の前に準備しておくこともあります

振袖が決まったら、髪色を黒に戻しておきましょう。浴衣なら茶髪でも構いませんが、振袖で茶髪はアンバランスです。結婚式当日は、先にヘアメイク、その次に着付けの順になりますので、あらかじめお手洗いを済ませておきます。当日は着脱が簡単な前開きの服を着ていきます。被り物の服では、せっかくセットした髪が崩れてしまうからです。

カットソーだけでなく、肌着にも注意が必要です。また、下着姿で人前に立つのもマナー違反です。下着の上から、肌襦袢を羽織ってから着付けの方に声を掛けましょう。着物にはアクセサリーは不要です。ピアス、ネックレス、指輪、時計も付けません。ネイルも落としておきます。

結婚式に出席するとどうしても荷物が多くなりがちですが、振袖で大荷物は見た目が良くありません。なるべく、荷物を少なくし、和装用のバックに入らないものはサブバックを利用しますが、ショルダータイプは避けましょう。

 

振袖レンタルの東京の相場は2万円からです。成人式の場合はキャンペーンなどがありますが、結婚式のお呼ばれの場合はキャンペーンが適用されるか確認をしましょう。

振袖を着用するためには、たくさんの小物が必要です。料金が安い場合、小物が全く含まれていないこともあります。成人式の場合は着付けとヘアメイクが提携の美容院でおこなえるようになっていることが多いですが、結婚式のお呼ばれの場合は、着付けが含まれているかを確認しましょう。

サイト内検索
振袖レンタルランキング!
キモノハーツの画像
晴れ着の丸昌の画像
振袖関連コラム