【東京都内】成人式に振袖・着物レンタルをおすすめしたい口コミでも人気のショップ5選!【着付けやコーディネートも評判のお店】

振袖をレンタルするメリットとデメリットは?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/05/10

東京都内には振袖レンタルを行っているお店が多くあります。これから成人式などで利用したいと考えている方も多いでしょう。しかし利用する前に、購入する場合と違ってどんなメリットやデメリットがあるのかを知っておくことも大切です。

レンタルにはどんなメリットがあるのか

 

まず挙げられるメリットは「その時に好きなものや流行に合ったものを選ぶことができる」ということです。

購入する場合だと、買った当時はお気に入りで流行に合っていたとしても、年数が経つにつれて好みや流行が変わってくることがあるため、結局着なくなってしまうこともあるでしょう。その点、レンタルの場合であれば、その時の気分によってデザインや柄を変えることができますし、最新の流行に合わせたものを着ることが可能です。

次に挙げられるメリットは「購入する場合よりも費用を安く抑えることができる」ということです。購入する場合は、安いものでも20万円程度かかりますし、高いものだと100万円以上することもあります。しかしレンタルの場合であれば、安いものなら5万円程度で済みますし、高いものでも30万円程度で済ませることができるでしょう。

さらに挙げられるメリットは「クリーニングなどのアフターケアや保管の手間がかからない」ということが挙げられます。振袖のクリーニング費用は数千円~1万円程度かかりますが、レンタルの場合はその費用が料金に含まれているため、別途必要になることがありません

 

レンタルにはどんなデメリットがあるのか

 

まず挙げられるデメリットは、借りている期間しか着ることができないため「気に入っても手放さなければならない」ということです。一度着てみたら柄や色が気に入ってしまったという方も案外多いのですが、もう一度着たいと思っても、それが難しい場合が多いと言えます。

同じお店に行けば、まだ同じものが置いてあるかもしれませんが、必ずあるとは限りませんし、別の人が借りているケースなどもあるでしょう。

次に挙げられるデメリットは「タイミングによっては自分の好みに合ったものが選べないこともある」ということです。

レンタルというのは他の方も利用しているため、自分の好みに合った振袖が使用中という場合もあるでしょう。また、身長が高すぎたり低すぎる場合は、デザインの選択肢が狭くなってしまうというケースもあります。

さらに挙げられるデメリットは「利用する回数によっては購入する場合よりも費用が高くなってしまうこともある」ということです。

一回あたりの料金は購入する場合よりも安く抑えることができても、利用回数を重ねると購入する場合と変わらないか、もしくは割高になってしまうことがあるため注意が必要でしょう。

 

レンタルと購入のどちらがいいかを決めるポイント

 

レンタルと購入のどちらがいいのか迷っている場合は、どれぐらい着る予定があるのかという活用頻度を考えてみるとよいでしょう。

例えば、成人式の時だけ着られればいいという場合ならレンタルでよいと言えますが、成人式以外にも、友人の結婚式や卒業式などで着たいという場合は購入した方がよいでしょう。

そして、着る度に新しいデザインの振袖に挑戦したいという場合も、レンタルの方が向いていると言えます。しかし、同じ振袖でも、帯や小物を変えることで雰囲気を大きく変えることができるため、そうした工夫を楽しみたい場合は購入するのもよいと言えます。

振袖をレンタルするメリットとしては、その時に好きなものが選べることや、費用を抑えられること、そしてクリーニング等の手間がかからないことが挙げられます。

一方のデメリットとしては、気に入ったものでも手放す必要があることや、タイミングによって好みのものが選べない場合もあること、そして利用回数によっては費用が高くなることが挙げられます。また、レンタルと購入のどちらがいいか迷っている場合は、活用頻度を考えてみるとよいでしょう。

サイト内検索
振袖レンタルランキング!
キモノハーツの画像
晴れ着の丸昌の画像
振袖関連コラム