【東京都内】成人式に振袖・着物レンタルをおすすめしたい口コミでも人気のショップ5選!【着付けやコーディネートも評判のお店】

振袖を数日間レンタルすることは可能?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/10

東京の振袖レンタルでは、数日間振袖を着たいユーザーに向けてのサービスは展開されているのでしょうか。短期でも中期でもレンタルできることが分かったとして、振袖以外にレンタルができるのか、そうしたことも事前に確認しておきましょう。

1泊の短期からレンタルに対応する

東京には、振袖レンタル店もあれば、実店舗がなくてネットでの振袖レンタルに応える業者もいますが、やはり老舗を選ぶことや口コミ評判などを参考にするのが間違いないでしょう。古典やレトロ、ゴシック柄などまでがあり、自分好みの振袖を選んでレンタルすれば、式典にそのまま参加ができたり、友達と和装で散策を楽しむこともできます。

ここでポイントになるのは、振袖をレンタルできる期間についてでしょう。振袖となれば、成人式などで着用することが一般的ですが、当日の式典のスケジュールは目まぐるしく忙しいこともありますし、振袖を着用したそのまま二次会や三次会などの打ち上げをすることにもなれば、当日に返却は難しくなるでしょう。基本的には、ファッションやDVDレンタルと同じように1泊2日から、という日数で選ぶことになります。

長期レンタルにもしっかり対応している

振袖レンタルでは、宅配サービスと実店舗でのサービスでは、数日間のレンタルが可能であっても、用心深く確認したいこともあります。それが、返却期限の違いです。

実店舗の1泊2日のスケジュールで考えてみましょう。成人式当日に実店舗に出向き、振袖を受け取ってから着付けなどをしてから式典に参加をするでしょう。翌日にそのまま振袖を返却します。宅配サービスならば、宅配の時間までも考慮しなければなりませんから、1泊2日では返却日に振袖が返却できないことにもなりかねませんから、注意しましょう。宅配サービスでは基本、余裕を持って依頼します。

多くの場合、3泊4日が基本となりますが、もちろん、実店舗以外での依頼ならば、使用日から3日前着の4泊5日になるところもあれば、使用日から5日前着の6泊7日の利用ができるところもあります。短期から中期、そうした目的別に依頼ができるのは魅力的です。

延滞料までもしっかり確認しておこう

基本的に振袖は一式まとめてというシステムですが、人とかぶらない個性的な振袖を着たいのなら、和装小物も必要になります。草履やバッグなどの小物も必須で、振袖レンタルではさまざまな種類の小物レンタルも可能にしているところもあります。

周りと差をつけたい場合でも、その小物を数日間レンタルすることはできるのかといえば、振袖一式ではない場合にも対応に違いがあります。振袖と別々で数日のレンタルを可能としたり、人気の高い小物だけはその日だけ、1日だけという条件もありますので、しっかり事前確認しましょう。

長期レンタルが可能となるところも存在していますが、気をつけたいのは延滞料金で、レンタル料の10%が相場です。支払いも長期となれば、予約の際に代金を支払うシステムです。

 

東京には振袖レンタルをする実店舗があったり、コスパのいい業者も存在しています。購入するより安上がりですが、振袖を数日間レンタルしたいのなら、どれだけ長くなってもいいのでしょうか。

結論からいえば、料金は前払い方式になりますが、長期にも対応してくれるところが比較的多いのも事実です。ただし、宅配サービスならば、届く日、返却するための時間もかかることを念頭に入れてから、1日程度長めにレンタルの依頼をしましょう。

サイト内検索
振袖レンタルランキング!
キモノハーツの画像
晴れ着の丸昌の画像
振袖関連コラム