【東京都内】成人式に振袖・着物レンタルをおすすめしたい口コミでも人気のショップ5選!【着付けやコーディネートも評判のお店】

振袖のサイズ展開は?サイズの見方や測り方も知っておこう!

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/10

振袖レンタルをする場合、一番気をつけなければいけないのはどんなサイズが自分に合うのか理解しているかどうかです。正しいサイズの見方やどこを測ったらいいのか、測り方を理解して正確なサイズを理解してからレンタルを申し込むことで、満足できる振袖をレンタルできるでしょう。

大まかには決まっているが洋服とは違う

勘違いしている人も多いですが、洋服の計測方法とは大きく異なり、和服のサイズはウエストやヒップなどで見るわけではありません。身丈と呼ばれる方からすそまでの長さ、裄丈と呼ばれる腕の長さ、袖丈と呼ばれる縦の袖の長さです。袖丈についてぴんとこない場合、肩から袖のすそまでの長さと覚えておくと、わかりやすくていいでしょう。

昨今では洋服と同様、S・M・Lで表示されるようになっているため、昔よりも覚えやすくなっています。対応身長と裄丈・袖丈を確認するようになっているところが多く、かつてよりも比較的選びやすくなっているのが特徴です。

Sの場合は身長が140センチメートルから155センチメートル、裄丈64センチメートル、袖丈が32センチメートルくらいとなっているところが少なくありません。一部の業者では多少長さや裄丈が異なる場合もあるため、あらかじめ情報を確認してから購入することが望ましいでしょう。

なお、Mは148から162センチメートル・Lは152センチメートルから166センチメートルとなっており、それ以上の身長の場合は身長の高い人向けに作られた着物になります。

どうやって測っておいたらいいのか

着丈については身長がわかればいいため、問題ありませんが、微妙に調整が必要となることもあるため、オーダーメイドにする場合は注意が必要です。レンタルの場合であっても多少着て見たときに違和感を覚える場合があるため、試着OKなレンタル店で借りるとぴったりの物を見つけられるでしょう。

正確に着丈を測る場合には、首筋から足のくるぶしまでの長さを測る形となるため、自分で計るのではなく、誰かに測ってもらってください。裄丈を計る場合、一人で測ると数値が異なってしまう場合もあるため、あらかじめ誰かに頼んで測ってもらうことが必要となります。

手を斜め45度にしてから測りますが、このとき背筋をきちんと伸ばして測るようにしてください。きちんと測れなければ正しい数字が出てこないため、着物が届いたときにフィットしないということも少なくないといいます。

首筋から肩にかけて計測し、肩からさらに手首が隠れるくらいの長さになるといわれていますので、首筋から肩までと手首までの長さを足した数字が裄丈です。なお、身丈については身長がわかっていれば問題なく、着丈と同様数字がわかりやすいといわれています。

万が一サイズが合わない場合はどうするか

着丈については身長の高さによって多少融通が利くため、サイズが合わない場合でも安心して着付けてください。というのも、着物の場合には5から10センチメートル程度の誤差であれば着付けでフォローできるようになっているため、ある程度の誤差は問題ありません。

昨今では身長の高い人向けや豊満な身体をしている人向け、小柄な人向けと多様化していますので、レンタルで探すのも簡単になりました。身長から探すと後悔がないため、背の高い人、小柄な人の場合は身長を参考にして探し、合わない物を選ばないように心がけましょう。

裄丈の長さが2センチメートル範囲内であれば、着ていても周囲や自分自身で違和感を覚えることはないため、安心してください。それ以上の長さの誤差がある場合、着付ける人に相談してみることも選択肢のひとつとして考えて行動しましょう。

なお、豊満な体型の人の場合、バストやヒップで問題が生じる危険性があるため、レンタルで利用するにしても語風点で直接サイズを測ってもらってから選んでください。

 

振袖レンタルに対しては、呉服店や取り扱っている店舗ごとにサイズが異なるため、慎重に選ぶ必要があります。正しいサイズを理解しておくためには、一度呉服店などで正確なサイズを測ってもらうことが大切となるでしょう。

どれくらいの長さ・幅が必要となるのか、あらかじめ理解しておくことでスムーズに選びやすくなるといわれています。どこを基準として測ったらいいのか、どれくらいの長さが必要なのかを理解してから申し込むことが必要となるでしょう。

サイト内検索
振袖レンタルランキング!
キモノハーツの画像
晴れ着の丸昌の画像
振袖関連コラム