【東京都内】成人式に振袖・着物レンタルをおすすめしたい口コミでも人気のショップ5選!【着付けやコーディネートも評判のお店】

結婚式の振袖はレンタルしよう

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/23

友人や知人からの結婚の報告は嬉しいものです。結婚式の招待状が届いたら、嬉しい気持ちはさらに高まります。

おふたりの新しい門出をお祝いするためにも、服装には十分に気を配り、お祝いの気持ちを伝えたいですね。

女性の場合は振袖を着ていくと会場がとても華やかになり喜ばれますので、ぜひ検討してみましょう。

振袖は未婚女性の第一礼装となっています

振袖は未婚女性の第一礼装と言われていて、格が高いです。どこへ行っても恥ずかしくない装いと言えます。テレビのニュースで皇居で開催される園遊会では、ほとんどの独身女性が振袖を着ていることで陛下の前でも失礼にならない装いであることがわかります。

ですが、いくら未婚の女性の第一礼装と言っても、一般的には20代までです。テレビに出ているようなタレントなどはいくつになっても振袖を着ていますが、例外と言えます。振袖を着ることを決めたら、新婦にそっと衣装を確認してみましょう。結婚式の主役は花嫁なので、花嫁の衣装と色が被らないようにしたほうがいいからです。

振袖を着て参加できる結婚式の条件とは

振袖を着て参加できる結婚式は意外と少ないです。まず、条件に当てはまるかチェックしましょう。

結婚式場の格を確認します。ホテルや専門の結婚式場ならば良いですが、ガーデンウェディングやレストランウェディングの場合は避けたほうが良いでしょう。また振袖を着たままの長距離の移動は大変なので自宅から会場までが遠すぎないことです。

そして以前は、結婚式は春と秋に集中していましたが、今は一年中おこなわれます。夏に振袖は暑すぎますし、雨や雪の多い季節では、汚してしまう恐れがあります。なので気候が安定している時期の結婚式なら良いでしょう。さらに式のスタートする時間が遅く、着付けとヘアメイクしても間に合うことも大事です。美容院や着物のレンタルショップの開店時間と合わせて考えましょう。

もし、すべての条件に当てはまったら、まずは振袖レンタルのお店を選び、髪色を黒に戻しておきます。着物の場合、アクセサリーは不要で、ネイルも落としておきます。

結婚式の振袖はレンタルが一番

成人式や大学の卒業式に振袖を着た方も多いでしょう。その着物を着ても良いですが、持っていない場合はレンタルが一番です。一生に一度か二度しか袖を通すことがなく、保管も難しいので、専門家に任せたほうがいいからです。

振袖レンタルのお店選びは実店舗があることと、経験豊富なスタッフがいること、セットの内容が明確であることを基準に選びます。振袖を着るためには、さまざまな小物が必要になります。着物、帯、足袋、肌襦袢、腰ひも、帯揚げ、帯紐などなど。振袖レンタルのお店によっては、足袋と肌襦袢は肌に直接つけるので、買い取りが必要なこともありますし、自分で用意する場合もあります。草履やバック、ヘアアクセサリーなども含まれているかどうか、きちんと確認をしましょう。

髪はアップにします。ヘアアクセサリーがないと振袖に負けてしまいますが、結婚式の主役は花嫁ですので、大きなヘアアクセサリーや生の花は避けたほうが良いでしょう。

 

振袖は未婚女性の第一礼装ですが、一般的には20代の未婚女性に限られます。振袖が着られる結婚式は少ないです。

結婚式場の格が高いこと、自宅から会場までが遠すぎないこと、気候が安定していること、式の開始時間が遅く、着付けやヘアメイクしても間に合うことです。振袖はほとんどの方が一生に一度か二度しか着ないことと、保管が難しいので、レンタルが一番です。

振袖レンタルのショップは実店舗があること、経験豊富なスタッフがいること、セット内容が明確であることを基準に選びます。

サイト内検索
振袖レンタルランキング!
キモノハーツの画像
晴れ着の丸昌の画像
振袖関連コラム